総食グループ

お知らせ

2019.10.30

【11月】旬の食材

冷凍部

1タラコ
旬は11~1月
タラコ=真鱈の子ではなく、助宗鱈の子。
近年ほとんどが、“アラスカ”、“ロシア”からの輸入物で、1年中出回っている。輸入物は基本“船凍品”で、それを加工する際に解凍して“塩漬け“等々するのでどうしても品質が落ちてしまう。
近場=国産品は凍らさずに加工できるので品質が落ちず旨い!

のり
旬は11~2月
1年を通じて出回っているが、11月に摘み取れた物を“新海苔”と言い、柔らかく香り高い風味が特徴。(冷凍庫でも香りがする程)
品質の良い“のり”は、色が濃く真っ黒でいて光沢があり、焼くときれいな緑色になる。

イナダ、ハマチ
旬は秋
ブリの幼魚で、“寒ブリ“と言われるブリの成長する前なので、秋が旬と言われる。呼び方の違いは、関東では”イナダ“で、関西では“ハマチ“と呼ぶ。共に80cmを超える大型になると”ブリ“と呼ばれる。(養殖物を”ハマチ“と言う場合が多いので注意が必要)